4.製品レビュー

グローエの温水洗浄便座一体型便器 センシアは他にはない洗練されたデザインだった

 

先日、東京の南青山にあるグローエのショールームに行ってきました。

グローエという会社、ドイツの高級蛇口ブランドとして有名で世界中に展開されています。世界の多くの5つ星ホテルにも納入実績のある会社です。

そのグローエは、現在ではリクシルによって買収されて子会社になっています。(詳細は以下のページをご参照ください)

株式会社LIXILがGROHE Group社の株式を取得~水栓金具のリーディングカンパニーを買収し、グローバル事業を強化~

リクシルと子会社になってからは蛇口の販売のみならず、温水洗浄便座も販売しています。ここでは、グローエの温水洗浄便座について紹介していきます。

グローエの温水洗浄便座

グローエが販売している温水洗浄便座は以下の2種類です。「センシアプレモ」という商品と、「センシアアリーナ」という商品です。いずれも一体型の温水洗浄便座になります。

センシアプレモ

下の写真がセンシアプレモです。さすがに高級ブランドだけあって非常にずっしりとした重量感がありますね。一緒に展示してある手洗器も豪華でまるで高級ホテルのトイレのようです。

天面色は3種類あるそうで、ここに飾ってあったのはファイヤーグレーのタイプです。

 

値段は何と47.2万円(税抜)です。

 

特徴

  • 最新にテクノロジーで便器の洗浄音がとても静か
  • お掃除リフトアップ機能(INAX製品と同様です)

 

お掃除リフトアップ

センシアアリーナ

続いてこちらがセンシアアリーナです。カタログにも記載してありますが、日本のシャワートイレ技術と、グローエのデザインが融合した商品です。

日本だけでなく、世界のグローエで販売されているそうです。

  

定価は38万円と、センシアプレモよりは安価ですが、一体型の温水洗浄便座の中では高級品の部類になります。

先ほど書いたように、リクシルが展開している技術を多数引き継いでいて、以下の特徴の他にも、温水洗浄便座の基本機能は全てリクシルが設計しているそうです。

 

特徴

  • 汚れのつかない陶器素材「アクアセラミック」※
  • アクアセラミックの効果を最大化する「プレウォッシュ」
  • おしっこの飛び散りを防ぐ「フォームクッション」※
  • いやな臭い漏らさない「エアシールド脱臭」※
  • 少ない水でしっかり洗う「トリプルボルテックス」※

※はLIXIL製品と同様の機能です。

カタログも以下のとおり、デザインを前面に打ち出した内容になっています。

コマーシャル用の動画もとてもかっこよく仕上がっています。

 

なお、センシアアリーナはネットでも販売されています。ネット通販だと30万円以下で手に入るようです。

まとめ

もしリフォームなどで、他の商品とは異なる一風変わった温水洗浄便座が欲しいという方は、グローエの商品も検討対象に入れてみてはいかがでしょうか。

また、ちょっとおしゃれな飲食店や店舗でこの商品を導入してみるのもよいかもしれませんね。