1.購入前の確認

温水洗浄便座 いつ交換するべきか?どこで購入できるのか?

 

日本での普及率が80%を超えた温水洗浄便座、今や各家庭に1台以上設置されているのは当たり前ではないでしょうか。

そんな温水洗浄便座も長く使っていると、交換・取替をする時期になってくるかもしれません。

では、いつ交換するのがよいのでしょうか?どこで購入するべきなのでしょうか?

そんな疑問に答えていきたいと思います。

温水洗浄便座の交換時期

自宅で使っている温水洗浄便座(ウォシュレット)は、いつ交換すべきなのでしょうか?

  1. 水漏れが始まった
  2. 異音がするようになった
  3. 10年くらい使っている

目安としては、このような状態になったら交換時期です。1は緊急度が高いので、すぐに修理・交換をされるでしょうが、2や3も放置は危険です。

みなさん意外と忘れがちですが、温水洗浄便座は電化製品です。だから、内部のモーターや電気部品などが徐々に劣化していって故障してしまうので、さらに古い状態のまま使い続ける最悪発火、発煙という自体に陥ってしまいます。

こちらはレストルーム工業会のホームページです。ここでも公に長期使用後は定期的な点検と買い替えをオススメされています。
https://www.sanitary-net.com/safety/

発火事故の事例と件数に関しては、こちらをご覧ください。
https://www.sanitary-net.com/safety/index01_2.html
https://www.sanitary-net.com/safety/index01_3.html

温水洗浄便座の購入場所

温水洗浄便座を購入する方法は大きく以下の3つがあります。

  • 水道工事店
  • 家電量販店
  • ネット通販

水道工事店

お近くの水道工事店に連絡をとり購入するというパターンです。特にブランドの指定がなければ、水道工事店がおすすめするタイプ(多くの場合はシェアの高いTOTOかLIXIL(INAX)になります)

メリット
手配がラク、取付もしてくれる

デメリット
価格が割高になる

家電量販店

ヤマダ電機やビックカメラといった家電量販店で購入するパターンです。家電量販店には主要ブランド商品が並んでいるので、ご自身が好きなものを選択することができます。また、サービス料を支払えば、取付サービスもしてもらえます。

メリット
好きなブランドから選択できる

デメリット
店に出向いて選ぶ必要がある
取付工事を頼むと割高になる

ネット通販

これはアマゾンや楽天などのネット通販で手配して自宅に届けてもらうパターンです。家電量販店に並んでいるものだけでなく、お好みにあわせてメーカーが販売しているほぼ全機種を選ぶことができます。

メリット
好きなブランドが選択できる
選択肢がより広い

デメリット
自分で取り付ける必要がある

別のページでもお伝えしますが、私はネット通販を断然おすすめします。なぜなら、メリット・デメリットのところにも書いたようにネット通販だと水道工事店や家電量販店で購入するよりも安く買えるからです。

なぜ、安く買えるのかはこちらをご覧ください。

温水洗浄便座 機能別に厳選した おすすめ3機種を紹介 「温水洗浄便座(ウォシュレット)を買おうと思っているけど、結局どれにすればよいかわからない」 こんな方は、大変多い...

デメリットにある温水洗浄便座の取付も、実はそんなに大変ではないのです。洗濯機や冷蔵庫のように重くないですし、エアコンのように配管を屋外に通すような作業も必要ありません。

取付方法に関しては、こちらの動画が参考になります。